たるみ治療で使われる「ヒト臍帯幹細胞培養上清液」はどのように抽出されるのか

肌の若返りが詰まった培養液は安全です

たるみ治療に最近、注目されているのがヒト臍帯幹細胞培養上清です。

赤ちゃんとお母さんとをつなぐのが臍帯です。
ここには赤ちゃんの成長に必要な栄養や、これから成長に働く
若い細胞がたくさん詰まっています。

これは赤ちゃんだけではなく、大人に取り込まれても機能を活発に
したり、再生を促したりと効果的です。

若がえりの成分

その細胞を特殊な培養液で増殖させていきます。
その過程で多くの幹細胞が発生します。

最終的には細胞自体は取り除き、培養してきた液体だけにします。
これがヒト臍帯幹細胞培養上清です。

しっかりと不純物やウイルスなどは検査して除去しますので安全で
衛生的です。

分化して再生や働きを活性化する幹細胞が詰まっているので
肌のたるみ治療として利用すると潤いや弾力を取り戻すのに
役立ちます。

若々しい肌に整えることができるので、年齢とともに不足してくる
弾力やハリを、内部からパワーアップさせることができます。

たるみ治療として、安全性も高いですし、手軽なのも人気の理由の1つです。

たるみからふっくらに変わる照射の威力

肌の再生に大きなパワーを発揮してくれる魅力的なケア方法ですが、
より効率的な方法としてたるみに照射する方法があります。

しっかりと肌の奥まで届けると、働きも肌の底から整ってくるので
実感も違います。

そこで、両面照射が有効になるのです。

ハリのある肌に

照射をすることで肌の血管が広がって流れも良くなります。

すると、吸収力もアップして、それが肌の細部にまでスムーズに
行きわたるようになります。

たるみ治療には血行が良くなることも重要ですし、細部まで培養上清が
届いて肌細胞が変化してくることが重要です。

その意味でもたるみ治療にはヒト臍帯幹細胞培養上清と照射の
組み合わせが改善には最高のペアです。

たるみ治療では、肌の表面だけの潤いや筋肉のほぐしでは一過性です。

肌の奥から押し上げる細胞単位でのケアが必要ですので、
それが可能な幹細胞を使ったケアは実感ができる方法と言えます。

両面照射との組み合わせで、相互作用で肌も生き生きとしてきます。