たるみ治療,  治療法の詳細を知る

顔のたるみ改善にはインナーケアが必要

縦長に伸びたたるみ毛穴のせいでファンデーションが毛穴落ちしたり、顔の下半分に脂肪と皮膚がたまって輪郭がぼやけたり、ほうれい線が深く刻まれたりなど顔のたるみにつきまとう悩みは計り知れません。

たるみが原因の悩み

 

シミやシワと並ぶエイジングサインの代表格であり、一気に見た目を老けさせます。
EMSで表情筋を鍛えたりコラーゲンパックでハリを与えたり
ラジオ波でトリートメントをしたり美容ドリンクを飲んだりなど、
顔のたるみ改善のためにやるべき対策はいくつかありますが、
基礎代謝アップのためのインナーケアもその一つです。

運動不足や加齢や冷えや無理な食事制限などで基礎代謝が低下すると、
体のめぐりが悪くなり肌のターンオーバーが不活発になります。

それが肌細胞再生の遅れにつながり、顔のたるみが加速します。
基礎化粧品や美顔器やマッサージやツボ押しなどの
外側からのアプローチも大切ですが、栄養バランスの良い食事を意識したり
運動をしたりこまめに水分を補給したりなど、体の内側からのインナーケアも
忘れてはいけません。

冷えやむくみや肩こりなどの症状がある場合は代謝が低下している証拠ですので、
積極的な対策に努めてめぐりを良くするべきです。

運動で代謝を上げて顔のたるみ解消

顔のたるみ解消のためには代謝を高めて全身のめぐりを良くする必要がありますが、
それを実現させるために欠かせないのが脂肪の消費を促し代謝を活発にさせる有酸素運動です。

運動による美容効果

ウォーキングや軽いジョギングやエアロビクスなどがそれにあたります。
無酸素になってしまうと体内に酸素をコンスタントに取り込むことが出来ず、
脂肪燃焼や代謝アップ効果が得られませんので、リズミカルに呼吸が出来て
心拍数が激しく乱れない程度の軽めの運動を30分以上行うのがベストです。

10~20分動き続けると体温が上がり汗ばんできますが、それが脂肪が燃焼し始めたサインです。

有酸素運動の運動効率を向上させるための方法についてですが、
筋トレで筋肉量を増やして成長ホルモンやアドレナリンを分泌させて
脂肪が燃えやすい状態を作る、運動の前にアミノ酸サプリを飲み運動の後に
プロテインを飲む、フォームローラーでの筋膜リリースや
ウォーミングアップ・クールダウンのためのストレッチをして体を解す、
なるべく空腹の状態で行うなどがあります。

有酸素運動で代謝が促進されればターンオーバーの乱れが無くなり
顔のたるみの解消・予防になりますし、ダイエット効果も得られて一石二鳥です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です